パイプのつまりの場合の水道修理

パイプがつまってしまった場合の水道修理の進め方はどのように把握しておくべきでしょうか。つまり解消のグッズを活用してみることからスタートして、それでも症状が改善しないようでしたら、業者にコンタクトするといいでしょう。

■グッズを使ってみる

パイプがつまっている状態の時の水道修理は、100均ショップなどで販売されているグッズを使って症状の改善を行ってみるといいでしょう
多量のお湯などを流してみるのもお勧めです。これらの方法はごく初期の段階では一定の効果を示しますが、完全にパイプがつまった状態ではほとんど意味をなさない物です。特にパイプが古くなってくるとつまりやすくなりますので、水道業者に点検してもらうと安心です。


■パイプの交換を考える

いろいろな方法を試してみてそれでもパイプのつまりが改善しない場合には、パイプを新しい物に交換することが必要になります。パイプの交換作業はかなり複雑な工事になりますので、水道 修理業者に仕事を依頼することが必要です。
交換作業は半日程度で完了しますので、時間的な制約を受けることありません。水道のパイプは壁の中にもありますので、工事をする場合には念のためすべてのパイプからの水漏れを業者に確認してもらった方がいいでしょう。水漏れに気が付かないでいると家屋を破損してしまうことがあります。


■まとめ
パイプがつまった場合の水道修理はパイプの交換が必要となるケースも考えられます。古くなったパイプはいろいろなものが簡単につまり易くなりますので、出来る限りケアフルに対応することがお勧めです。パイプにダメージを与えてしまうような、有機溶媒なども流さないような配慮も必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ